高校に行く意味がない理由を解説

どうもこんにちは、フシギちゃんです。今回は高校に行く意味があるか疑問に思っている方々に向け、私の経験を基に思った事を書かせていただきました。是非ご覧ください。

高校に行く意味はあるの?

単刀直入に言って高校に通う意味はないです(のちに示す例外は除きますが)。

と言いますのも、義務教育では無いので行くか行かないかは自由ですし、大学へ進学したい・高卒の肩書きが欲しいというのであれば「高卒認定資格」を取ればいいからです。

高卒認定資格には試験に合格しなくてはなりませんが、高校の範囲の勉強を基本レベルまでできていれば合格できるので、独学でも大丈夫でしょう(むしろ、学校での無駄な時間を自学に費やせるため、余裕かもしれませんね)。

高校に通うとなると、通学時間・交通費・めんどくさい人間関係・理不尽な教師など、ディスアドバンテージが多く発生します。

大学受験に向けて独学でやっていけるか不安な人は、予備校・塾・家庭教師に頼ればいいのです。彼らは大学受験のプロですので、中学校の知識からでも一から丁寧に教えてくれるはずですし、学校の先生の授業を受けるよりもずっと効率がいいです。

「でも予備校とか塾とか家庭教師とか、高いんじゃないか」と思いますよね。大丈夫です。高校に通わない分、授業料やら修学旅行費やら余計なお金が浮くのである程度余裕は出来ます。

また、高校生からはアルバイトも出来ますので、「高1の段階でがっつり働いて貯金し、予備校・塾・家庭教師の授業料、大学の受験料を確保した上で高2-高3は勉強に集中する」といった三年間を送ることも可能です。

「友達が欲しい」「スポーツを頑張りたい」という方も、アルバイト先で同年代の人と出会うことはよくありますし、地域のスポーツクラブチームに参加するなどすれば別に学校でなくともいいと思います。

例外として高校に通うべき人

しかし、中には例外として高校に通うべき人もいます。

【普通科以外の高校に通う人】

大学に行かずに高校卒業後に就職を希望し、とくに商業高校や専門学校などに通う人たちは、就職対策が良かったり、職業訓練の意味合いもありますので行く意味はあります。

【大学の付属高校】

自分の行きたい大学の付属高校なら、通い続ければそのままエスカレーター式で大学まで行けるので、通う意味はあります。

【青春したい人】

高校の制服、教室、クラス、席替え、文化祭、体育祭、生徒会、部活動、修学旅行などに憧れている人は、行く意味はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました