バイトの辞め方を解説!!

皆さんどうもこんにちは、フシギちゃんです。今回は、今やっているバイトを辞めたいけど伝えづらいと思っている方のために、どのようにして退職の旨を伝えればいいかをシチュエーション別にお伝えします。

口頭で伝える 礼儀正しさ★★★★

これは一番ハードルの高い辞め方ですが、誠意が伝わっていい辞め方です。

待遇の良いバイト先であったり、とても良い店長やマネージャーさんであったならばこの辞め方が良いでしょう。きっと嫌な顔せず受け入れてくれますよ。

私自身も人生初のバイト(コンビニ)では口頭で伝えましたが、意外とすんなり承諾されました。

伝えるときは、店長やマネージャーさんが忙しくなさそうなタイミングを狙って言いましょう。

電話で伝える 礼儀正しさ★★★★

電話で伝えるのもまた誠意があっていいと思います。店長・マネージャーさんと話すタイミングが無かったり、言いそびれてしまった時には是非電話にしましょう。

メールでもいいのですが、電話は相手と直接話しているためより丁寧さが伝わり、またメールの様に後日改めて口頭で話しに行く必要もないので便利です。

しかし、電話は相手の勤務時間を削ることになりますので、あらかじめ話す内容を要約し忙しくなさそうな時間帯にかけましょう。「お忙しい中失礼します、今お時間大丈夫でしょうか」を忘れずに。

メール(またはLINE)で伝える 礼儀正しさ★★★

これは直接伝えるよりハードルは低いですが、少々誠実さには欠けます。

店長やマネージャーさんが不在であったり、口頭で伝える余裕がないほど忙しい時におすすめです。文章の頭には必ず「メールにて失礼いたします」「ご不在でしたのでメールでお伝えいたします」などと入れましょう。送信後に出勤したときは、「メールの内容ご確認頂けましたでしょうか。」などと必ず一言入れるようにしましょう。

置手紙 礼儀正しさ★

これは失礼な辞め方ですね。バイトは辞める1か月前には伝えなくてはいけませんが、急に置手紙で辞められてしまっては、いきなり出来たシフトの穴を埋めるために他のバイトや社員さんに迷惑をかけることになります。

バイト先があまりにもブラックであったり、店長やマネージャーに相当な恨みがあるのであればこの辞め方でもよいでしょう。

しかし、制服の返却、書類の手続きなど再度バイト先に行かなくてはいけないこともあるので、その辺り確認してからにしましょう。

まとめ

バイトの辞め方、いかがだったでしょうか。出勤最終日にお菓子などを持っていき、一緒に働いたバイトやお世話になった店長・マネージャーに配ったりすると、律儀な人だと思われますよ(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました